私が笑って信じていれば子供は幸せになっていく・・

メルマガ会員Nさんからのお便り

「中3の息子が不登校になり私はつらさのあまり死んでしまいたいとも思いました。
でも、一人で悩んでいる訳ではない、主人と、担任と、スクールカウンセラーとメンタルクリニックの先生と、菜花先生と、いろんなひとに力をもらい知恵をもらい、前に進みました。
七ヶ月の辛い日々を乗りこえ、11月の今、少しずつ学校に行き始めています。
不登校になってから、主人と、私がとった対策は、とにかくポジティブな言葉をかける、ささいな事でも誉める、息子の体調のよい時に、家族での外食、お出かけ(学区外のゲームセンターや映画館、公園など)を日曜日ごとにして、とにかく両親が笑顔になり妹も楽しんでいると、息子はパワーを少しずつためて行きました。
そろそろパワーがたまってきたかなとおもいはじめた頃、タイミングを見計らって、登校するために学校からの引っ張る力や家から押し出す力がうまい具合に行けば登校できました、
でも押し出す時に、彼が拒否する態度が少しでもあるとその日はノーです。
そういう日は私の心に少し焦りが出始めた時です。そういう日は自分の態度に反省します。
必ず学校に行けるから休んでもいいよ、とおおらかな気持ちをもち、もっと子供を心底信じないと、なかなか実現できません、最近ようやくきずきました。
菜花先生のおっしゃる、お母さんが幸せですか?おかあさんが笑ってますか?は不安のない私の心の事ですね。
作り笑顔ではなく、心から私が笑って信じていれば、子供は幸せになっていくんだなとつくづく思います。」

★Nさん、お便りありがとうございます!息子さん頑張っていますね!息子さんはNさんが信じた通りになりますよ!

コメント

  • 同じです

    家の息子も中2の終わりから不登校に、なりました
    いじめがあったわけではなく人と関わるのが苦手なこと
    人の目を気にしてしまうことです
    三年生になってからは一度も教室には入れませんが、別棟で週一回は学校へ行って、週2回は教育センターへ通ってます
    今は受験に向けて奮闘しています



認証コード8302

コメントは管理者の承認後に表示されます。